小児科で母親の不安をひも解いてくれる先生だから選んだ

私が住む地域では小児科を謳う病院はたくさんあります。
本当はどこがいいのか、最初はとても迷いました。
ママ友に評判を聞いたり、先輩ママに教えてもらったり。
そうしていく上で「この先生が一番いいな」と思える小児科に行きつくことができました。
そして解ったことは、患者数の多い病院が一番優れているわけではないということです。
どういうことかというと、混雑している病院は診察の時間を要領よく割くために受付の時点で病状の聞き取りを行います。
だから先生との会話は必要最小限で、診察後にはいつも「大丈夫なのかな」と不安が拭えませんでした。
でも、現在私が頼りにしている先生はものすごく時間を割いて、私の話を聞いてくれます。
また、必ず「お母さん、大変だったね」と私を労わり、落ち着かせてくれるのです。
「よくあることですから」と早々に言い切ってしまう先生もいる中で、最後までどんな症状だったのかと耳を傾けてくれる先生は本当にありがたい存在です。
更に質問も「他に心配なことはありますか?」と先に聞いてくれるのです。
「ここの先生は大学病院で教えている」と言われる先生でも、見立ては確実でも気遣いをしてくれない先生もいました。
そういう先生だからこそ、信頼に足ると感じています。