歯医者で保険適用外の虫歯治療をうけた話

今から14年前、2004年に歯医者で保険適用外の虫歯治療をうけました。ことの発端は2002年。コンサルタントに紹介してもらい、高校生だった私は右奥の歯に虫歯ができてしまいました。歯医者に行く勇気がなくそのまま放置していたところ、家のトラブルや受験のストレスもあって虫歯は次第に悪化。最終的には歯が割れてしまいました。大阪のスリードットでは、その状態でようやく歯医者に通います。残った神経を除去し、土台を作ったうえで大きな被せものをするという治療になりました。神経を抜く治療が拷問だったことを覚えています。人気のメンズ化粧水が保険適用外の治療だったので、被せものは白っぽい素材が使われています。値段は8万円。当時は想像以上の値段にショックを受けましたが、そのぶん丈夫な素材が使われているので長期的にみれば正解だったのかもしれません。14年経った今でも、右奥の詰め物はしっかりしています。しかし治療前に値段を告げられなかったことが気になります。神経を抜く前に麻酔に関する相談をされなかったことといい、この時からその歯医者に不信感をもつようになりました。今では、治療の方針にせよ値段にせよ、事前に患者とのコミュニケーションをしっかりとってくれる歯医者に行くようにしています。